■フードアナリストとは?

食を総合的に楽しむ「食べ手のプロ」です。

フードアナリストとは、食べること自体を楽しむことはもちろん、
食べるシーンや雰囲気など「食」に関する幅広い知識を身に付けている方々です。
各段階に応じたカリキュラムで、食文化や食事のマナー、料理の歴史、レストランの法律までを体系的に学んでいます。フードアナリストとして、これらの知識を元に、料理の味の他にもレストランの内装やインテリアなど「食の空間」を総合的に評価します。
現在3千名以上のフードアナリストが、「食」をテーマに様々な分野で活動しています。

■資格取得後の具体的な活躍の場

幅広い知識を身につけたフードアナリストには、食に関する様々な分野での活躍が期待されています。商品開発・販促プロモーションのアドバイス、飲食店のサービス改善に必要となる衛生調査員やミステリーショッパーの実施、雑誌・各専門誌での記事の執筆、食の教育現場での講師など、活躍の場が広がっています。
消費者であり食の専門家の視点を身につけたフードアナリストは多くの分野で注目されています。



■どんな資格なの?

食・食文化を体系的に学んでいきます。
飲食・サービス・インテリア・文化・語学・マネジメント・コミュニケーションと幅広く、段階的な学習内容です。


テーマ主な学習内容
食事のマナー言葉づかい、各国のテーブルマナー、接客マナー など
料理の誕生についてパンの歴史、中国料理の種類、チーズができるまで など
食器の種類や由来食器、カトラリーの名称、テーブルデザイン など
お酒の種類と知識ワインの歴史、ワインとチーズ
祭事と食事の関わり日本の食文化、祭でのもてなし料理、郷土料理 など
フランス語/中国語料理に関する語学の知識、メニューや注文に必要な知識 など
色彩の知識色と味覚、テーブルコーディネートの効果 など
文化イギリスのティーマナー、ホスピタリティ文化、華道、茶道 など
食生活と環境について生活習慣病の知識、食育 など
栄養についいて各栄養素のはたらき、食中毒の知識 など
空間の演出照明やテーブルセッティング、食と音楽の関わり など
記事の書き方各メディアでの原稿の書き方 など

※各級のテキストより一部抜粋